アーカイブ

メイドインジャパン

メイドインジャパンの称号は、ある意味品質の証明にもなります。
それを証拠に、現在では海外生産も盛んにおこなわれている中でも、メイドインジャパンであればそれを喧伝する傾向にあるからです。
テレビをはじめとする電化製品などで、国内工場で生産されたものであれば、CMなどの広告でメイドインジャパンが主張されています。

ただ、資源から前段階の加工まで、一貫した加工が日本で行われているかと問われれば、それは違います。
現在では、最終組み立てや、ある程度組み立てられた部品の加工などが日本で行われています。
つまり、前段階の加工などは、海外に生産拠点があるので、そこで行われている可能性があります。

つまり、一つの製品が消費者のもとに届くまで、いくつもの国を経由している可能性があるのです。
このような生産方式を、グローバルサプライチェーンと呼称します。この生産方式を支えているのは、海上物流をはじめとするグローバル物流です。
海上物流を経由して、入ってきたものを輸入して、それを加工して国内に流通させています。

つまり、色んなパターンが考えられるわけです。
日本で前段階の加工をして、最終組み立てを海外でしたりもします。ものの出入りが激しいので、輸出輸入を頻繁にくりかえしています。
輸出と輸入が頻繁ということは、四方が海の日本では海上物流が重要だということです。
海上物流から経由して、輸入されたモノがなくては、もはや日本はものを作れなくなっているのです。

話題のサイト

カテゴリー

  • カテゴリーなし